About Nasha

RUDRA AAROGYAM JAPAN

ナーシャはアーユルヴェーダのパンチャカルマ(治療手技)の一つで、薬を経鼻投与(経鼻投与)します。 Urdhwajathrugata rogas (鎖骨より上で発生する疾患) とその管理は、アーユルヴェーダにおいて特別な役割を果たします。

頭部は人間の重要な部位であり、体全体の主要な制御部分でもあります。  ウルドワジャスルーアーユルヴェーダの古典では、その管理とともに明確に強調されています。

ナーシャ は、ここで言及されている主な治療法です。 「ナーシャ」という言葉の意味は、「鼻の中にいる」または「鼻に有益なもの」です。 ナーシャ は、内分泌腺や神経系の機能を改善することで間接的に全身に作用します、

首の上部にある器官で発生する病気の治療に特に効果的です。鼻は頭への主要な入り口と言われています。鼻から投与された薬は、鼻から脳に到達し、脳の高次中枢として機能し、さまざまな神経、内分泌、循環機能を制御し、局所レベルとシステムレベルの両方で作用します。

インドアーユルヴェーダの古典的なテキストでは、作用機序、投与方法、薬の形態、使用される薬の量などのさまざまな側面に応じて、さまざまなタイプのナーシャについて言及しています。 他のパンチャカルマ療法とは異なり、得られる結果は非常に迅速になります。

ナーシャは次のような症状に効果的です。

鼻詰まり

鼻腔を滑らかにする

頭、首、または顎のこわばりと痛み。

片頭痛

声のかすれ

顔面神経麻痺

鼻炎

喉頭炎、咽頭炎

言語障害

口蓋垂炎、扁桃炎

無意識

特定の目と耳の病気

リラクゼーション効果

多くの種類のナシャのうち、非常に一般的なタイプはマーシャ ナーシャとプラティマルシャ ナーシャです。どちらも原理は同じです。しかし、これらの主な違いは用量です。 Pratimarsha Nasya では 1-2 滴、Marsha Nasya では 6-10 滴が投与されます。 Pratimarsha Nasya には、禁忌がほとんどなく、非常に低用量で行われるなど、多くの利点があり、毎日の習慣に適しています。

 手順:

仰向けに寝て、頭と首を低くします。

処方された量の薬を片方の鼻孔に注入し、もう片方の鼻孔を閉じます。

一度鼻をつまんで離した後、オイルを吸い上げます。

のどについたところでオイルを吐き出します。

もう一方の鼻孔でも同じ手順を繰り返します。

Nasya の前後には、前後の対策が必要です。

Nasya は、予防、治癒、若返りの治療法であり、個人の一般的な健康に役立ちます。数千年前にアーユルヴェーダの古典で言及されたナーシャ カルマの有効性は、現代の科学的パラメーターの助けを借りて、現代でも実証できます。 Nasya は、適切かつ全身的な方法で行う場合、安全で効果的な治療法です。ただし、この療法を行う前に、現在の健康状態についてアーユルヴェーダ医師または専門医師に相談することをお勧めします。

※上記は、海外の文献におけるNasyaの一般的な解説を翻訳しております。当サロンではリラクゼーション、リフレッシュを目的としてNasyaを取り入れております。その為、個々の疾病についての受け答えはお断りしております。主治医または専門医にご相談ください。

アーユルヴェーダ省ではCOVID19に対する予防法としてこのNasyaを推奨しています。



JAPAN   WORLD   WORLD G-site

RUDRA AAROGYAM JAPAN

©2021 RUD​RA AAROGYAM JAPAN
All Right Reserved.

This site is protected by reCAPTCHA and
the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.
Top