Ayurveda Body Type Test

Prakriti Analysis

このページでは、アーユルベーダの説明とプラクリティ診断ツールを用いてあなたの体型を導きます。

あなたの体型を知ることは、あなたが最適な健康を維持しバランスの取れた日常生活を送るのにも役立ちます。

ページ下部に診断ツールがあります。

Glossary  用語の説明


RUDRA AAROGYAM:

RUDRA、インド神話に登場する暴風神、その後、ヒンドゥー教ではシヴァ神の前身であると考えられています。

AAROGYAM、サンスクリットで「全体的な幸福」と「心と身体、安定した精神」を意味します。


Ayurveda:

サンスクリット語のアーユルヴェーダという用語は「生命の知識」を意味し、この古代の知恵の原則は、生命の全体が網の目のように複雑に絡み合っていることに起因します。トータルウェルネスに独自の重点を置いて、アーユルヴェーダの技術と科学は私たちの内と外の世界の調和に取り組んでいます。

エーテル、空気、火、水、そして地球の5つの要素が私たちの周りと内部の創造のダンスを踊るように、私たちの5つの感覚は内部と外部の領域の間のポータルとして機能します。アーユルヴェーダは、これら5つの要素を3つの基本的な種類のエネルギーと機能原理にグループ化し、すべての人に存在しています。これらの原則を説明する英語の単一の単語はないので、サンスクリット語のVata、Pitta、Kaphaを組み合わせて使用​​しています。

物理的な実体、思考、感情など、私たちが経験するすべてのものには特定の性質があります。アーユルヴェーダの古代のテキストでは、これらの資質(サンスクリット語では「グナ」と呼ばれます)を10組の正反対に分類し(例:重反対軽)、合計20の資質を作成します。


Charaka Saṃhitā:

チャラカサンヒタ、アーユルヴェーダ(インド医学)の医学書で、インド医学で初めて一つのテーマを専門的に論じた医学書と並び、アーユルヴェーダを代表する古典医学書のひとつです。アーユルヴェーダは古典の段階で医学体系として完成しており、これらは現在でもテキストとして参考にされています。(Wikipedia)この医学書は、紀元前1万年にまで遡ります。


PRAKRITI:

Recently, the studies on personalized medicine have relied on undestanding of the molecular/genetic variations with respect to disease for the implementation of during the various stage of the desease. Human variations related to immune respnse and disease susceptibility is well-documented in Ayurveda.Prakriti(body constitution) is the vasic constituion of an individual established at the time of birth and distinguishes variations, into three broad phenotype categories such as Vata,Pita and kapha. So immunity is also been related with Prakriti. So Prakriti (Genome) assessment for prescribing individual diet and immunity booster drugs is well documented in Ayurveda that need to be rightly practice. 


Doshas ドーシャ(ピタ・ヴァタ・カファ)

DOSHAS (pitta・vata・kapha):

ドーシャは肉体を作る力です。それらは成長、老化、健康、病気の状態を決定します。通常、3つのドーシャの1つが優勢であり、体質または心身タイプを決定します。個人の習慣、感情的な反応、体型を理解することで、医師はヨガの練習をドーシャに応じて適応させます。同じことが、ハーブやプラナヤマ、瞑想、ヨガのポーズなどの一般的な生活習慣の改善を通じてあらゆる病気を軽減することに重点を置いたアーユルヴェーダの治療にも当てはまります。

ドーシャが過剰に存在し、システムのバランスが崩れている場合は明確な兆候があります。たとえば、ヴァータが過剰になると、低エネルギーやすべての体組織の衰弱など、精神障害、神経障害、消化障害が発生する可能性があります。ピッタが過剰になると、炎症や感染を引き起こす有毒な血液があります。カファが過剰になると、粘液、体重、浮腫、肺疾患などが増加します。すべてのドーシャを管理するための鍵は、他の2つのドーシャの起源であるヴァータのケアをすることです。

PANCHAKARMA

PANCHAKARMA:パンチャカルマは、身体を解毒し、浄化するアーユルヴェーダのプロセスのサンスクリット語です。この用語は、「5」を意味する[パンチャ]と「アクション」を意味する[カルマ]から派生したもので、ここでは5つの療法を指します。


パンチャカルマの原則は、ヴェーダ時代の古代のテキストで言及されています。5,000年の歴史を持つこのプラクティスは、病気を和らげ、再発を防ぎ、健康を促進します。問題の根本原因を特定し、体内の3つのドーシャのバランスをとります。


アーユルヴェーダの治療法の基本となるパンチャカルマ、すなわち5つの療法とは、1.下剤法、2.経鼻法、3.催吐法、4.浣腸法、5.採血法のこと。アーユルヴェーダドクターは、患者の体質と症状に合わせたハーブを処方し、これらの中から有効な治療を施します。

Our Body Type Test

アーユルヴェーダ診断ツール

 BODY TEST 

 日英翻訳